何故、誹謗中傷される?

何故、誹謗中傷される?

人は自信がないと人とうまく話せません。こんな自分と話してくれる人なんていない、自分は気もち悪いから誰も相手にしてくれない、と自信を失う事が原因で堂々と人と会話すらできないのです。

誹謗中傷される側はいつでもネガティブ志向です。それは内面だけではなく、外見にも現れてしまいます。特に何もしていないのに誹謗中傷されるのであれば、常にネガティブ志向になって外見に出ているかもしれません。

また、その逆の自信ありすぎの場合も誹謗中傷を受けやすくなります。自信があり過ぎてがつがつしすぎると自分勝手、わがままと解釈され、誹謗中傷の原因となります。

人付き合いが苦手と感じる人もいますが、誹謗中傷されないためには自分に適度な自信を持つ事が必要です。

誹謗中傷とは一体何?

誹謗中傷とは一体何?

パソコンやスマートフォンが普及している今、SNSを利用すれば芸能人のように自分自身の情報を自ら発信することが容易になりました。

自身の写真を掲載している方も多く安易すぎるからこそ危険も付きまといます。その中で多いのが誹謗中傷。誹謗中傷とは一帯何なのかを簡単に説明致します。

一言で言えば悪口。掲載されている写真を見た悪意ある人がコメント欄や名指しで「この顔は整形」と根拠のないことを書き込むのが誹謗中傷にあたる悪口です。

何も知らない第三者が書かれていることを鵜呑みにして、他の方に「整形だって」と嘘が広まることで風評被害を受けてしまうのです。事が大きくなれば名誉毀損罪で刑事事件に発展する恐れがあるので、たかが悪口と安易に考えてはいけません。

誹謗中傷をされる側の気持ちとは?

誹謗中傷をされる側の気持ちとは?

ネット上では、さまざまな方がいるため時にはチャットや掲示板、SNSなどでコメントしたことに対して誹謗中傷の的になることがあります。

直接、面識のある相手ではないにしろ、誹謗中傷を受けてしまった被害者側の気持ちとしては不安や焦り、恐怖という感情が起こります。

誹謗中傷が長引いてしまえば、その分、被害者側は精神的に追い込まれてしまう可能性があり、状況によっては医療機関でカウンセリングを受ける必要がでてくるケースもあります。

ネット上のコメントだから何を言っても特に問題ないという考え方ではなく、面識はなくても一人の人間としてネット上であっても接するということが大切です。

ちょっとしたことで誹謗中傷に発展しないように、ネット上でも相手を思いやる気持ちを忘れずにネットを楽しむことが大切です。